ソープヒストリア

歴30年越えソーパー

客引き2

で、ヤバいのを引いてしまうと大変です。

本当、映画の様です。

当時、台風、と言うアダ名の本物の不良がいまして

何かその本業の方で、揉め事があると物凄く頼りになる方との事でした。

塀の中にいる事の方が多く、大変重宝であるとの評価の方でした。

 

で、台風さんは、良い子をつければまた来る。

これは、これで、手間のかかる事で、

本心としては出来ればもう来て欲しくない。

そうでもない子がつくと、荒れる。

実際にある店のフロント係が、

「何じゃ、あの女は。」

と言って、殴られたとか、しばかれたとか。

 

で、不良の少し上の方に何とかしてくださいと相談しても

まぁまぁ、好きにさせとけ。みたいな対応。

我々、ソプのお店側は我慢するしかないわけですね。

 

振替1、2、3、で説明させていただいた、振替。

あれもですね、誰だこのお客様呼んだのは、電話取ったヤツが自分で

振替して来いよみたいなお客様が時々来店しました。

店長、振替、揉めてます。

みたいな電話が入ると、本当、ドキドキしますね。

 

待合室に入る前に深呼吸して。

物凄い、この人相は何だ、的なお客さん。

ま、何とかなるんですけどね。

良い子で遊びたいと言うのが、お客さんの本音ですからね。

 

隣の後輩の店を紹介した時は、

「何であんなお客さんよこすんですか?」

と言う連絡がありました。今ではもう笑い話ですよね。

 

で、話は戻って、警察の車を引いた時、逃げ方をちゃんとすれば良いという話。

刑事さんは、僕らが敷地から出るところを連れて行く訳ですから、

車の中から呼ぶんです。

で、僕らも警戒して、いや、ちょっと、出る事は出来ないんですよ。

お車寄せていただいて、お話させてもらえると有難いんですが。

みたいに、出ない様にするのも重要なんです。

 

もう一つは、つい、出てしまって、話をしながら、

車内の感じとか、あれれ、ヤバいを感じる事。

はい、乗って、と言われた瞬間、すぐ、敷地内まで戻る。

 

はい、乗って、と言われて、あー、とか言って、大人しくそのまま車に乗らない事。

プロレスラーが反則攻撃し始めると、レフリーがカウント数えますよね。

で、ある程度になると、ノノノー、とか言って、私は何もしてません、

もしくは、私はもう反則やめましたと、アピール。

あのイメージで、さっと飛び退く、敷地内に戻ったら大丈夫だったと言う話を

聞きました。実際にヤバい場面になったらこれだと思ってました。

 

この項続きます。