ソープヒストリア

歴30年越えソーパー

本指名を取るコツ

追いかけてもらうと

追いかけてもらうと


綺麗な可愛い顔している、

ナイスバディー、

エロくてよく濡れる、

本指名を取るには色々なあ持って生まれた要素。

努力して勝ち取る色々な事。

 

お客さんに優しいばかりでなく、

冷たくも出来る。

そういう駆け引きの要素ってありますよ。

 

仲良くなるというのは同性でも、

優しくしたり、冷たい事言ったりあると思います。

 

男を少し、追わせる。

女子の方が少し上のポジションを取る。

お客さんにそんな事できないと考えるのではなくて、

 

開き直って自分のペースでお客さんに接する。

ずっと、追いかけ続けさせる。

簡単ではないですが、そう言うポジションを取ってみて

そのお客さんが追っかけて来ないなら

もう今回の、このお客さんはお客さんに出来なかった。

次々〜。くらいの気持ちで。

 

その上でルックスが良いとかエロいとか顔がいい、とか他の原因もあるのです。

元々の自然の摂理でオスはメスを追いかける習性があるので、

有利は有利だとです。

 

女子はエロい事考えてても本当は男子が欲しくても

嘘をつける様に元々神様が作っています。

より良い遺伝子を獲得するための戦略を授かっているのです。

 

男子はエロい事考えたり本当に女子を欲しがっている時

嘘がつけない様に元々できているのです。

女子をそんなに選ばなくても良い仕組みになっているからです。

精液を、あっちにも、こっちにもバラ撒き散らせば良い性だからです。

 

女子は欲情すると濡れる。

しかし極端に言うと濡れてなくても現代だとローションで誤魔化せる。

濡れててニュルニュルになっていても濡れてないみたいな顔していられる。

 

男子は欲情すると勃起する。

隠そうとしても隠しにくい、この仕組み。

神様、さすがのデザインです。

 

男子と女子の欲情の戦いとして欲情させたもの勝ちなんですね。

 

二人きりの個室内で、

「私も本当は濡れ濡れだけど、ここは濡れてない欲しがってないフリをしとこう。」

そう考えた女子の前でピンコ勃ちの男子。

それを見つけるアザトい女子。

「勃ってるじゃない。欲しいの。」

女子本人も濡れ濡れなのに完全優位な立場に立ちました。

 

男子も口では、

「そんな事ないよ。君はそんなにタイプじゃないからね。」

なんて事、言って頑張ったところでズボンの前が膨らんでたらバレバレです。

 

女子はパンティーの中で濡れ濡れになっていても分かりにくい。

バレにくい訳ですね。

 

長い歴史の中でオスはメスを巡ってオス同士が戦う事でメスを獲得して来ました。

その戦いをメスに当てはめると欲情してても欲情していないフリをする。

本当は欲しいのに「いやいや」を言ってオスに追いかけさせる。

 

オス同士の戦いで勝ち抜いたオスの子孫が我々です。

本当は濡れ濡れで欲情しているのに欲情してないフリができて

「いやいや」とか言ってオスに追いかけさせたメスの子孫が我々です。

 

健康とか容姿とか、そう言う要素もありますが

この原始からのやり取りの優秀な事も大切な事です。

 

男も無理目な感じの女性が相手だと怖気つく時があります。

それで良い車に乗ったり高い服や時計したり他の事で埋め合わせて

突撃する訳です。

女子は基本の濡れ濡れでも欲情してないフリ。

「いやいや」を一応言う。

まぁ皆さん言ってますけどね。

その基本のポジションの流れをマスターする。

 

本来の持ち点みたいなモノで上手く行くかどうかは

分からなくても、そのフォームを身につけて

スイングを続けると10人に1人2人は掴まると思います。

 

10人お客さんついて、その確率だと、取り敢えず合格だと思います。

後はそれを貯金して行く事だと思います。

 

本指名で埋まっている女子に

「何で、どうやって、お客さんを戻しているの?」

と聞くと、大抵は、あんまり考えた事ない。

普通にしているだけ。みたいな事、言います。

 

そう言う子は自然に男に自分を追いかけさせる

フォームが普段から固まっているんですよね。