ソープヒストリア

歴30年越えソーパー

ソプ店の存在意義は

line

line


「お客様と連絡を直接連絡を取る事は禁止」

そんな張り紙が控え室で見かけたのも、

今は昔。

 

TwitterInstagram

LINE、TikTokYouTube、等々、

そう言うモノの登場で

人と人の繋がり方が激変。

 

ソプ女子、お客様、お店の関係性も

変わって来ました。

 

来店してアルバム見て女子を決める。

良い子に当たったら本指名する。

 

そして漫遊記とか、ヘブンの時代。

雑誌に写真を載せて、

P指名が生まれた。

シテイヘブンとか最盛期

電話帳か、何なら百科事典みたいな

厚さになっていた。

 

ネットの時代になり、

P指名をネット指名と言う様になって行った。

 

そもそも、携帯電話自体がなかった時代。

スマホのスの字もなかった。

ポケットベルとかそんな時代。

 

それが携帯になり、スマホになり

いよいよLINEとかそんな時代。

電話かかって来ると

鬱陶しささえ感じる今日。この頃。

 

LINEのQRコード読み取りやりくりで

すぐ連絡取れてしまう。

嫌な相手ならブロックすれば良い。

 

こんな時代は

お客様と連絡取るなと言ったって。

質の高い良い子程、自分がお金になる事を

知っている。

ちまちまお金稼ぐより

一発ゴーンと引っ張れる事を

本当は解っている。

 

かなり上玉の子で

親のためにこう言う業界に入って来た子。

着いたお客様、ほぼ全員、本指名で

戻って来る勢い。

 

稼いだお金、全額親に渡して

生活費が全然無いと言ってたので

出勤の度、お小遣い渡してた。

 

で、2ヶ月位でパッツリ来なくなった。

他のもう少し高い店で働いて

暫くしたら、またうちとこに

戻って来た。

 

他の土地のソプ街とかでも

少し働いて、また戻って来た。

銀座とかでも働いてた。

かなり仲良しになって来て色々聞いた。

 

うちとか来て、働き初めの頃に

お客様からガッツリ数百万を

2回位引いていた。

かなりの猛者でした。

 

以前の項で話した様に

水系のお客様より、ソプ系のお客様の方が

純情でお金引きやすいと言っていた。

 

その子は頭も良かったので

自分で解決出来ない様な

深刻なトラブルに巻き込まれる事は

なかったのですが。

 

良く有るのは店外で会って

させたけど、お金が取れないと言う相談。

こっちに相談して来るなよ。

 

ソプ店の外はハイリスク、ハイリターン。

店内Hは、ローリスク。

自分でやりくり出来るなら良いけど

そのややこしさをコナセナイなら

「外ではHしない。」

食事や、カラオケや、外で会うけど

さんざん気を持たせた上で

その夜は、バイバイしてHは店で。

 

この気を持たせるのが大事。

真綿で首絞める様に、

そそらせとく。

 

そしてお店に来て貰って

合体爆発。

 

 

 

 

 


 

 


 

omicron2

omicron2