ソープヒストリア

歴30年越えソーパー

独裁者ソプ店長は悪の分売上が良い

dokusaisya

悪くて狡い分、売上が立つ。独裁者店長。」


悪いから良い。

どう言う事か説明すると、

部下たち男子スタッフに

無理難題言って売上を上げる。

勤務時間の無理とか、

ちょっとしたミスを異様に厳しく

怒鳴りまくる。

恐怖で人を支配の方が

短期では売り上げって上がるんですよ。

 

dokusaisya

悪くて狡い分、売上が立つ。独裁者店長。」

辞めたら辞めたで良いと

逃げるなら逃げるで良い。

死ぬなら死ねと、プーチン

考えている。

 

dokusaisya

悪くて狡い分、売上が立つ。独裁者店長。」

一つの手口として

中間管理職的立場の奴に

無茶苦茶な要求をその下の連中に

出させる。

嫌われるのは

その中間管理職の奴。

 

dokusaisya

悪くて狡い分、売上が立つ。独裁者店長。」

本人は高みの見物。

中間管理職の奴が板挟みになって

悩んでいると、優しく語る。

「もっと徹底的に行け。」

「遠慮するな、責任は俺が取る。」

 

dokusaisya

悪くて狡い分、売上が立つ。独裁者店長。」

その中間管理職は馬鹿だから気づかない。

気づく様な賢いスタッフは要らない。

長くそいつを、使うつもりは無い。

 

辞めるなら、辞めて良い。

そう言う独裁者的な奴に取っては

バランス良く一緒に、働いて優秀な

信用できる奴と働く方が

実は難しい。

 

dokusaisya

悪くて狡い分、売上が立つ。独裁者店長。」

何故なら、本人自身が、

そんなに頭良くないかり

優秀なのが来ると

本人の無能がバレてしまう。

 

dokusaisya

悪くて狡い分、売上が立つ。独裁者店長。」

どっち道、正攻法では進めない。

本当の独裁者本人自身の無能さに

本人も気づいている場合が多い。

 

その位の頭はある。

色んな要素が上手くバランスが

ある意味取れて、

独裁者ソプ店長が出現している。

 

で徐々に無能な連中しか

周りに居なくなる。

独裁者が切った優秀な奴が

ライバル店で実力を発揮し始めたりする。

 

dokusaisya

悪くて狡い分、売上が立つ。独裁者店長。」

最終的に独裁者は負ける。

だから短期間で見ると

売上を上げるには

やっぱり、その方が効率が良い。

 

dokusaisya

悪くて狡い分、売上が立つ。独裁者店長。」

そもそも、こう言う業界に

優秀な奴はあんまり来ない。

 

彼が行き詰まる迄は

現場スタッフにはパワハラ

色んなハラで

どうしようもない職場。

 

そんな所で働くのは

どうしようもない人間。

供給には困らないのかも知れない。

dokusaisya

悪くて狡い分、売上が立つ。独裁者店長。」