ソープヒストリア

歴30年越えソーパー

良い子に出逢うコツ、みたいな事

一番高い店には

やっぱり良い子がいるのか?

 

それはその子が誰にとって良い子なのか?

と言う問題点も考えてみないと行けません。

 

一対一の接客なので、

現実的には、申し上げにくいのですが、

お客様側の事も、女の子は

良いお客様なのか、どうか?

を見てる訳です。

どう言うお客様が良いお客様か?

お金の余裕がある、

出来るだけ楽チンで

稼げるお客様と言う事になります。

 

で、その町の一番高いクラスの店は

余計な割引とか、有りません。

店側もそう言う砕けた事しない事が

方針ですから、女の子がお茶をひいてても

割引しません。

 

お茶を引く、とは一人もお客様

接客していないと言う事です。

 

自然、お客様のお客層みたいなものは

良くなります。

 

お医者様率、10%越えみたいな感じに。

上がりカウンターとかのあるソープですと

普通に落ち着いて、お話出来るお客様。

変に虚勢を張らず、

妙に謙虚過ぎない感じのお客様。

 

50〜60代のご家庭がおありの、

ご家庭に迷惑かける事のない様

こーゆー所で遊ばれている感じの方。

 

ゴム着、生NGの女の子に、

生の相談はするけど、

口で言うだけ、無理矢理して来る程

アソコは固くない感じ。

脅威ではない感じの紳士の方。

 

たっぷりお金の余裕はあるけど、

店外に誘ったりはしない。

逆に女の子の方から

たまになら良いのに、

カバンでも買ってくれるなら

と思われている様な。

 

痛い事はして来ないし、

そもそも職場で威張ってる?から、

仕事中ノーストレスな人生なので

こう言う場所で、こう言う時に

何しろ、腰が低い。

 

俺みたいなジジイにゴメンね、ゴメンね。

ありがとうね、ありがとうね。

みたいな遊び方。

 

ある産婦人科の先生で

週一、ニのお客様がいるのですが、

仕事場で沢山見ている筈なのに、

「君のを見ると癒されるよ。」

と女子に言ってるそうです。

 

で、そこにいる女子はお客様の層が

良すぎて、段々と麻痺して来るのです。

 

ちょっと難しいお客様だと

我慢が効かなくなって

しまうのですね。

 

この項続きます。