ソープヒストリア

歴30年越えソーパー

良い子に出逢うコツみたいな事2

で、どんな良い子でも、段々気持ちは

贅沢になっていく訳です。

 

そう言う上客様に対しても、

慣れと言うか馴れが生じて来ます。

有り難みが薄れて来るんですね。

 

無茶を言う、ややこしいお客様に

ついてないと、どんなに真面目な子でも

そう言う感じに陥りやすくなります。

 

で、その街の総額二番手位のお店、

総額一番でも、金額的に融通が効く店。

時々、イベントで安い日があったりする店。

飛び込みだと、値段交渉が効く店。

 

そう言う店、お客様の層が幅広くなります。

モノ凄い上客の方から

年に一回、二回、年末年始だけ

お遊びになられる方。

あまりお遊び慣れされていない方。

 

リピートの可能性が低くても、

ちゃんとした子はちゃんと一生懸命

サービスします。

 

そして、遊び慣れた良いお客様が来ると

嬉しくて、楽しくて、より一層

サービス内容が濃くなります。

 

落差の効果ですね。

僕も若気の至り時代、メルセデスとか

乗り継いでいた頃。

たまたまアコードのワゴンのデザインが

気に入ってホンダさんに試乗しに

行ったんです。

 

運転し始めた途端に、無理、

と思ってしまいました。

あ、俺、贅沢になっちゃった、

少しヤバいなと思いました。

 

いよいよ、Sクラスに乗った後、

クラウンに乗って、何じゃこりゃと

思いましたが、その後フリードに。

その時税務署入ったので

質素に見えて丁度良かったかも

知れないですね。

 

業界を一旦離れた時、

中古の軽になり、

ちょっと格好良くて憧れてたラパンに

乗った時、中々良いじゃんと思いました。

贅沢と倹約の感覚が元に戻って

少し良かったと、ホッとしました。

 

今は国産のコンパクトSUVですが、

軽を2台乗り継いだ後なので

超快適で気に入ってます。

 

結局はこの世のモノ、コトは

相対的なモノ、コトなんだと思います。

 

で、それなりに良いお客様に対して

優しい、いい感じに接客するには

時々無茶なお客様、

横柄だったり、泥酔してたり、

無理矢理力ヅクで何かして来たり、

のお相手をしている事が重要だと

言う事だと思うのですが。

 

お客様の層が良いお店は素晴らしいのですが

どうもちゃんとサービス内容の良い子、

ベテラン、若手に関わらず

多い様な気がします。

 

もっと良い子居ないか?

と考えてみえるお客様、一度、

少しランクが下とされているお店で

遊ばれてみてはと思います。

良い出逢いがあるかも知れません。